【大学デビューしたい男必見】田舎者男子が実践した、大学デビューするための方法

LIFE

高校時代は思うようにキラキラした生活ができていなかった。だからこそ、大学生では高校生の時にできなかったことをしたいです!大学デビューする方法を知りたい!

 

こんな疑問を解決します。

 

本記事の信頼性

 

だや
だや

高校時代に経験できなかった「青春」を取り戻すべく大学デビューを試みました。大学受験が終わった2月~3月に、大学デビューするためにしたことを実体験ベースで書きます。

 

大学デビューとは?

 

 

大学デビューの一般的な定義

 

一般的な、大学デビューの定義について確認してみましょう。

 

大学デビューとは、高校までと異なるキャラになることを目指して、言動やファッションを大きく変えることを言います。 高校時代までおとなしくて目立たなかった人が、大学に入り髪を染めてオシャレな洋服を買って、パリピのようなノリで人と遊ぶようになるというのがよくある例です。

引用:girlswalker

 

高校時代はどちらかというと、「目立たないポジションにいた子たち」が一気にクラスの中心的なポジションを狙うようなことを大学デビューと言います。

 

だや
だや

冷静に考えると、大学デビューってなかなか難易度が高いですよね(笑)

 

だやが定義した大学デビュー

 

・大好きな恋人を作ること

・勉強以外にも、アルバイトやサークルなど様々な活動を通していろいろな経験ができていること

・遊びに行ったり、飲みに行ったり、旅行をしたりできるくらいの仲の良さがある男女グループに所属すること

 

この3つを、大学在学中に達成できれば「大学デビューは成功」とすることにしました。

これは、全て自分の高校時代に経験できていなかった“憧れ”的なものになります。

 

だや
だや

高校時代、自分が「いいな~」と感じていた、クラスのリア充に自分もなるようなイメージでしたね。

 

それを実現するために、大学入学前の2か月間でやれることをやりました。

 

大学デビューをするためにしたこと

 

 

ここからは、大学受験が終わってから本格的な大学生活が始まるまでにした「大学デビューするためのアクション」について紹介していきます。

 

外見を変えるために美容院に行く!コンタクトを付ける!

 

まずは外見から。自分の高校時代の外見はこちらです。

 

 

こちらは高校3年生8月頃に撮影した写真です。

受験が終わってから以下のことをしました。

 

・美容院に行く

・スキンケアに時間を使う

・コンタクトレンズを装着する

 

です。

 

だや
だや

当時から「リア充にはイケメンが多い」ということは理解していました。外見をよく見せることは、大学デビューをする上で必須であると考えたため、やれることをやりましたね!

 

・コンタクトは眼科に行って処方箋を作成してもらったあと、コンタクトのアイシティで作成します。

・美容院は楽天ビューティーで地元の美容院を予約。3,500円でカットしてもらいました。

 

月一美容院で実感した3つのメリット【恋活/婚活を成功させたい男性へ】
...

 

アルバイトを始めて人間力を高める!

 

大学入学までダラダラ過ごすよりは、社会経験を積んでおいた方が良いと考えアルバイトを始めました。

 

だや
だや

アルバイトをしたことで「社会人としてのマナーを学ぶことができた」など、貴重な経験ができましたね。

 

アルバイトで学んだ「人を不快にさせない接し方」は、大学入学をして様々な人と接する際に役立ったかなと思っています。

 

だや
だや

初めてのアルバイトは地元のパン屋さん。ありがたいことに、その場ですぐに採用してもらえましたね!

 

SNSで情報収集

 

 

自分の大学についての情報収集をしました!

やり方は簡単です。

 

①Twitterで大学アカウントを作る

②ハッシュタグ「 #春から○○(自分の大学名)」で検索し、片っ端からフォローする

③リプライやDMで仲良くなれそうな人と交流する

 

これだけです!

僕は大学垢を作成したことで

 

・大学の入学式前に新入生交流会があることを知り参加することで友人を作れた!

・授業を一緒に受ける仲間を作れた!

・男女グループの結成のきっかけになった

 

という幸運に恵まれましたね!

ぜひ、受験が終わったら良いスタートを切れるように大学アカウントを作成して情報収集することをお勧めします。

 

ここは注意!大学デビューで失敗する人の特徴

 

 

ずなり、「無理をしてしまう」人です。

 

・ウェイ系の人と関わらない高校時代を過ごしていたのに大学生になってからウェイ系の人と絡もうとしてしまう

・グループの会話の中で無理に入り込もうとする

・無理やりテンションを高くしている、声が大きい

 

などなど。

こうした行動は、周囲の人に「この人無理しているな~」ということが伝わってしまいます。

そうなると、自分の周りから人が離れて行ってしまう可能性大です。

 

だや
だや

僕の周りでも、無理をしていた人たちは大学入学から時間の経過とともに勢いを失っていった印象ですね(笑)

 

ちなみに僕は、大学デビューをするにあたって、外見を変えることはしましたが、「性格を変える」など、内面を変えようとするようなことはしませんでした。アルバイトをするなど、内面を磨くことはできても、幼少期から身についてきた「性格」を変えることは正直難しいし、それこそ「無理」をしないとできないので、、、

 

だやは大学デビューできたの?

 

 

大学デビューができた部分もあればできなかった部分もある。

これが僕の大学デビューでした。

大学一年生の自分を振り返ります。

 

大学デビューできたこと

 

・友人を作る
爆発的に増えました!これは、Twitterで情報収集を行って、新入生歓迎会などに参加したことのおかげかなと思います!

・男女グループの結成
江ノ島に遊びに行ったり、大阪へ旅行をしたりすることをができる男女グループを結成することができました!

 

大学デビューできなかったこと

 

・恋人を作る

→サークルで一目ぼれした同い年の女の子にアプローチをしましたが、全く相手にしてもらえず、、、今思えば、当時は恋愛経験も不十分だったこともあり、だいぶ痛い奴になっていましたね(笑)

 

大学生が恋愛をするべき3つの理由【早いに越したことはない】
...

 

まとめ:誰でも”行動”次第で大学デビューは可能です

 

 

今回は「【大学デビューしたい男必見】田舎者男子が実践した、大学デビューするための方法」というテーマで記事を書きました。

大学入学までに

 

・見た目を改善する

・人生経験を積んでおく

・情報収集をしておく

 

ことは、大学デビューを目指している人なら誰でもできる、おすすめの行動です。

 

でも、くれぐれも無理はしないように。ぼろがどこかででてしまいますし、自分自身も疲れてしまいます。

 

次は皆さんの番です!大学デビューが、理想のキャンパスライフを送れますように。

今回は以上です。

 

大学生が恋愛をするべき3つの理由【早いに越したことはない】
...

コメント

タイトルとURLをコピーしました