ドイツ留学体験「一人でドイツに留学してみた結果」(無賃乗車編)

プロフィール

 

ドイツでは日本と切符の仕組が違うと聞いた!どういう仕組み何だろう?

ドイツで無賃乗車するとどうなるの?

ドイツで無賃乗車してしまった場合、どうなってしまうのか知りたい

 

こうした疑問を解決します。

 

本記事の信頼性

 

だや
だや

2019年2月、大学3年生の時に1か月間ドイツのレーゲンスブルクで短期留学をしてきましたが、その際に“不本意ながら”無賃乗車をしてしまいました。その経験を踏まえて、本記事を書いています。

 

ドイツでは(バレなければ)無料で公共交通機関を利用できちゃう!?

 

ドイツの駅は無料で入場できる!

 

 

ドイツでは、日本と違い、切符がなくても駅に入場することができてしまいます。

日本の場合、改札内に入るためには、電車に乗らなくても「入場券」という名の切符が必要です。

しかし、ドイツには”改札”というものが存在しないので無料で駅に入ることができてしまいます。

 

切符を持っていなくても電車に乗れてしまう!

 

 

駅まで切符を持っているかどうかなど何も確認がなく入ることができてしまうドイツの駅。

この勢いで、切符を持つことなく列車に乗ることも可能です。そしてそのまま、目的地まで行ってしまうことも理論上可能です。

 

バスも(その気になれば)ただ乗りできる

 

電車だけではなく、バスについても、運賃を支払うことなく乗車して移動してしまうことが理論上可能です。

日本のように「バスの乗車前後で運賃を精算してもらう」という仕組みがドイツでは確立していないからです。

 

運賃の支払いは自己申告制です。バスに乗っても、申告しなければ運賃を支払わずにバスで移動ができてしまいます。

 

ドイツでは電車やバスの中で抜き打ち検査がある

 

 

ここまで記事を読んだ方の中では、このように思われた方もいらっしゃるかもしれません。

 

ドイツは無料で公共交通機関を使い放題なんだ!

 

と。

確かに、理論上は運賃を支払わずとも利用できてしまうドイツの公共交通機関ですが、これは当然”違法”です。

ドイツでは、当然このような違法な鉄道やバスの利用を認めていません。

ドイツの鉄道やバスでは、抜き打ちで乗車券を保持しているかどうかの確認が行われる「抜き打ち検査」が存在します。

この抜き打ち検査で、正しい乗車券を持っていないことが判明すると罰金60€を請求されてしまいます、、、、

 

【だやの実体験】ドイツのバスで無賃乗車をしてしまいました

 

バスでコントローラーと遭遇しました

 

私がドイツに短期留学をしていた時のこと。

学校から学生寮に帰るバスにてコントローラー(正当な切符を所持しているかどうか抜き打ち検査をする人)に遭遇。

 

だや
だや

僕はバスの定期券を購入していた(つもりだった)ので、コントローラーから乗車券の提示を求められた際は自信を持って定期券を見せました。

 

しかし、相手はどうも納得していない様子で何かドイツ語で言っています。聞き取れませんでしたが。

そして、身分証を出すように言われます。

私はパスポートを提示しました。そしたら相手は、何かを書き始めます。そして、1枚の紙を私に渡しました。それはこちらです。血の気が引きました。

 

私が無賃乗車を犯してしまった理由

 

間違った定期券を購入していたためです。

私が購入した定期券は、学生用の定期券であることから、学生証を保持していない人は使えません。語学学校に通っていた私は使えないものでした。

 

 

無賃乗車をしてしまった後の対応について

 

今回の件を、語学学校の先生に相談しました。

すると語学学校の先生から

 

「あなたはあくまで語学学校の学生で学生証を持っていないのだから学生用の定期券を使うことはできない」

 

といわれました。

 

【レーゲンスブルク短期留学】Language School Active Regensburgで1か月勉強した感想
...

 

確かに、どの定期券を購入すればよいのかがいまいちよくわからず、適当に購入してしまっていた自分がいました。反省です。そして、コントローラーは容赦ないな~とも感じました。

 

無賃乗車をした後

 

パスポートの番号や私が住んでいた寮の場所なんかも控えを取られていたため、「罰金の取り立てに来るかも。。。」とびくびくしながら過ごしました。

インターネットなんかで調べてみると、「ドイツに出入国できなくなる」なんて情報もあったため、帰国時も不安でしたね、、、、

 

結局、罰金は支払ったのか

結局、私は理由はどうであれドイツで無賃乗車をしてしまいました。しかし、罰金を支払わずに出国し現在も支払いをしてません。

語学学校の学生に相談したところ、

 

「今回は罰金を支払わなくても大丈夫。なぜなら、あなたは1週間後に帰国してドイツからいなくなるのだから」

 

といってもらえたからです。

なお、残りの1週間は、学生用ではない一般用の定期券を購入して公共交通機関は利用しました。

 

まとめ

 

 

今回は「ドイツ留学体験「一人でドイツに留学してみた結果」(無賃乗車編)」というテーマで記事を書きました。

 

そして、ドイツでは故意ではなくても、無賃乗車に相当することをしてしまうと罰金を支払うように言われます。逃げられません。

自分を反面教師に、ドイツでは、切符がないからといって公共交通機関を切符なしで使おうとはせず、公共交通機関を利用していただけたらと思います、、、

 

今回は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました