面接対策集その①

JOB CHANGE

こんにちは、だやです。

今回は、絶賛転職活動中の自分が、面接の振り返りも兼ねて「転職活動の面接で聞かれた内容とそれに対する回答」を書いていきたいと思います。

 

だやの転職活動1-1
...

 

だや
だや

転職活動を開始してから、現時点で5社ほど受けています。その時のことを振り返りながら、質問事項に対する回答をブラッシュアップしています。

 

今回はその第一弾。備忘録として残します。

 

自己紹介

 

だやと申します。

2020年に中央大学法学部政治学科を卒業した後、新卒でIT企業(現職)に就職。現職であり、現在2年目です。

半年間の新人研修を経て、現在は信託銀行の現場で、一メンバーとして仕事をしています。

信託銀行のデータウェアハウスの保守・運用業務を半年間経験。その後は信託銀行のシステム刷新案件に携わっております。

扱ったことがある主な言語は、VBAとSQL。

ウォーターフォールモデルでの開発経験があり、詳細設計からシステムテストまで経験しています。

主な実績としては、信託銀行のシステム刷新案件にて、お客様が普段業務で利用するExcel画面を新規開発したことです。先輩が作成した要件定義をもとに、詳細設計書を作成。その詳細設計書を元に、システム開発を行いました。

実装するべき機能も多く、大変な思いもしましたが、無事に画面を開発することに成功。開発経験を通して得た「お客様目線でのシステム開発」と、持ち前の粘り強さと負けず嫌いな性格を生かして、これからもシステム開発をして参ります。

 

志望理由

 

貴社でなら、DXエンジニアになるための様々な経験を積むことができると考えたからです。

 

①自分主体で物事を考える機会があること

②DXを推進できる経験を積むことができること

③客先常駐ではなく、社内SEであることから、案件によって働く場所や働き方の点で安定していること。

 

なぜ、DXエンジニアになりたいのか

 

①現職:客先常駐で仕事をしていて実感したこと

・扱う案件や言語がお客様に左右されてしまう

→保守案件だと、自分主体で考えたり、実行できる機会が少ない(=いわれた通りの作業やプログラミングが多い)

→使用言語がVBAとSQLのみ、ユーザーから指定されたデータの修正、アナログな事務作業

・ユーザー目線でモノ作りができない

→お客様が普段、どのような業務をしているのかわからない中で詳細設計や製造をしていた。

→今の仕事は誰に、どのように役立っているのかが見えにくい。

→自分で企画し、考え、実行したい。

 

②自分の強みを生かせるから

 

現在働いているお客様先では、「いかにミスをしないか(=減点方式)」が求められる。

もちろん、それは大事だが、自分は「いかにミスしないか」よりも「もっと良くするためにはどうしたらよいか(加点方式)」の仕事の方が向いていると実感しており、できれば加点方式の仕事をしたい。

信託銀行の大型案件にて、VBAを用いた約定管理システム画面の製造フェーズの経験より、そう考えています。

自分で頭に汗をかきながら、企画を考え、実行する。答えのない問いに答えるための試行錯誤を通して、自分の強みを生かしながら成長できる。

DXエンジニアなら、それが実現できると考えています。

 

③学生時代の経験

 

学生時代にドイツに留学し、ドイツの企業と州政府の方に対して「インダストリー4.0」の取材活動をした経験があります。

取材活動を通じて、「今まで手作業や目視、つまり人の手でしていた作業を置き換え、人間はより付加価値のある仕事ができる世界を作るとともに、世の中をより便利で豊かにできる」ITの力に、魅了されました。

そして、そんな世界を実現する一翼をになっているのがDXエンジニアであることも知りました。

この経験から、自分も、「モノづくりのIT化を推進できるような、DXエンジニアになりたい」と考えるようになりました。

 

自身の強みと弱みについて

 

強み:継続力

継続力です。目標に向かって日々コツコツと努力をすることができる点です。

仕事では、自分のタスクについて、納期から逆算して優先順位をつけ、仕事をこなしています。

プライベートでは、資格取得のために日々勉強をしています。

ブログも書いており、継続期間は3年です。自分で試行錯誤した結果で、PVや収益などが目に見えるため、自分の成果が可視化されているようで非常に楽しいです。

 

弱み:言語経験

VBAとSQLを利用した開発経験が中心であり、JavaやPythonなど、オブジェクト指向型の言語の経験があまりありません。今後は、現場で使わない言語に対しても、自主的に学習をしていく予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました