【今日から即レス禁止!】異性とのLINEは適当でいい理由

恋愛

マッチングアプリでマッチングした子といい感じでLINEをしていたのに、1回目のデートが終わった後関係が終わってしまう、、、

マッチングアプリでマッチングした子とは、どれくらいの頻度でLINEをするのがベストなのかな?

マッチングアプリでメッセージのやり取りをするときは即レスしたほうが良い?

 

こうした疑問を解決します。

 

本記事の内容

 

・LINEは適当でいい理由:”手段”に過ぎないから

・恋活でLINEを頑張る意味がない理由

・LINEを適当に返すメリット

・多くの男は女に変な気を使いすぎている

・まとめ:LINEは即レスしなくてOK、返信頻度も気まぐれでOK

 

この記事の信頼性

✔「大学生になったら絶対彼女を作るんだ!」という思いでサークルの美女にアプローチ

見事失敗

✔クラスが一緒になった女の子とワンちゃん狙う

失敗

✔彼女が欲しすぎて妥協して彼女を作る

後悔

✔マッチングアプリで恋活

「運命の人と結婚」するべく200人以上と出会う。得たノウハウをブログで発信

 

LINEは適当でいい理由:”手段”に過ぎないから

 

LINEの印象が良くても、リアルで会ったときの印象がいまいちなら即終了

 

どんなに一生懸命LINEをしても、実際に女性と出会った時の印象が悪ければ恋愛関係に発展する可能性は限りなく低いです。

一度出会って、それで終わり。2回目以降の出会いに発展しません。

 

マッチングアプリでは1回目のアポに命を懸けろ!!!
...

 

きだ
きだ

僕の経験上、どんなにLINE上のやり取りがいい感じであっても、実際に会ったときのフィーリングなどが合わなければその子と2回目以降出会える関係には発展しませんでした。

 

一度目会ったけれど恋愛関係に発展しなくなる典型的なパターンは

 

・LINEの返信が遅くなるor未読無視
・急に相手が忙しくなって日程調整ができなくなる

 

といったところでしょうか。ブロックなんかも平気でされますよ(笑)

 

 

とにかく、マッチングアプリは”リアルで会ったとき”が勝負であるため

 

・LINEで女の子を夢中にさせよう!

・嫌われないように丁寧にLINEをしていこう!

 

など、LINEに対して命を懸けていく必要はありません。

どんなに丁寧にLINEをしても、1回目のファーストコンタクトで相手から「この人ないな」と思われたり自分が「この人違うかも」と思ってしまうことなんてざらにあるので。

 

404 NOT FOUND | kidablog
Written by Yuya Kida

 

LINEはアポ取りをするための手段に過ぎない

 

1回目のデートで、全てが決まるといっても過言ではないマッチングアプリの恋活。

その「勝負のデート」の日程調整をするためにLINEは使います。

 

きだ
きだ

ぶっちゃけ、日程調整さえできてしまえばその後LINEを無理に続ける必要はありません。

 

LINEに力を入れるよりも、「デート当日にどうしたら2回目以降のデートに繋げられるか」の作戦を考えた方がコストパフォーマンスは良いです。

 

マッチングアプリで異性と会うまでのやり取りを公開します!【マッチングした子とリアルで出会いたい人必見!】
...

 

恋活でLINEを頑張る意味がない理由

ここからは、ここまで述べてきたことをもう少し深掘りしていきます。

 

LINEのやり取りだけではほかの男と差がつかない

 

文面上でのやり取りでは、ほかの男性と差がつきません。

なぜなら、テキストベースのメッセージのやり取りで均一されているから。

どんなにイケメンであっても、どんなに不細工であっても、”LINE”というプラットフォーム上ではある意味”同じ”です。

 

LINEだけでは異性を落とすことは困難

 

まだ出会ってもいない人からLINEで少女漫画に出てくるセリフを送ってもその子をキュンキュンさせることは難しいですし気持ち悪がられる確率100%です。

 

LINEでしっかりやり取りすれば好印象!

 

と過度な期待をするのはやめましょう。

もちろん、あまりにもおかしな文面を相手に送るのはNGですが(笑)

 

【女の子ドン引き】マッチングアプリで本当にいたやばい男
...

 

マッチングアプリの恋活をしている女の子は、他にもたくさんの男子とやり取りをしています。あまりにも変なメッセージを送らなければ問題ありません。

 

ただ、LINEを使って相手を動揺させることは効果的

 

あくまでもLINEは、女性とデートの約束を取り付け、実際に出会うための手段でしかありません。

具体的なLINEの運用方法として僕が推奨しているのは、

 

・実際に会ったときに好意をにおわせる行動をする(攻める)
・でもLINEは適当(冷たくする)

 

です。

別に難しいことではありません。LINEは短文で、未読無視もするし、行き当たりばったりの返信をする。LINEの返信はしないけれどSNSの更新はする。そんな感じです。

 

LINEを適当に返すメリット

女性より上の立場に立てる

 

LINEを頑張りすぎてしまうと、相手も「この人のLINEのやり方に合わせなきゃ!」と捉えてしまうので相手の負担になります。(前の彼女に言われました)

また、あまりにも返信が早すぎたりしてしまうと、がっついている印象を相手に与えます。

そうなると女性は

 

「すぐに返信がある、、、この人私のことが好きなんだな」

 

ということに気が付き、立場が「女性>男性」になります。

しかし、LINEが適当になれば

 

「この人この前までは返信が早かったのに最近は返信遅いな。忙しいのかな」

 

であったり、

 

「実際に会ったときは明るいけれどLINEは何か冷たい。何考えているんだろう、この人私のことをどう思っているのだろう」

 

と勝手に相手が動揺してくれます。

 

余裕のある男を演出できる

 

返信が早い人よりも遅い人のほうが余裕があるように見えますよね。がっついている印象があまりありません。

“余裕”を持つことは、恋愛において非常に大事です。(仮に余裕がないとしても)

 

多くの男は女に変な気を使いすぎている

 

気になるあの子から嫌われたくない
冷たい男だと思われたくない

 

気持ちはよくわかります。

でも、向こうに気があれば、多少LINEが変であったとしてもノーダメージです。むしろ、自分磨きをして出会った時に好印象を残せた方がマッチングアプリにおいては有効です。

 

自分磨きって何だよ!?
...

 

まとめ:LINEは即レスしなくてOK、返信頻度も気まぐれでOK

 

 

今回は「【今日から即レス禁止!】異性とのLINEは適当でいい理由」というテーマで記事を書きました。

 

・LINEはあくまでもデートの約束を取り付け、異性とデートをするための手段に過ぎない

・LINEで頑張るよりも、リアルで会ったときの方が100倍大事

 

上記2つの理由から、LINEの返信は頑張りすぎなくてOKです。

 

向こうに気があれば、興味関心があれば、こちらが多少適当にLINEを返信してもちゃんと返ってきます。

仮に自分に余裕がなかったとしても、余裕があるように振舞うことも恋愛においては重要です。

 

きだ
きだ

僕の経験上、優しいだけの男は彼女ができない優男童貞です。

 

出会った時に「この人は私の運命の人!」と相手に思われるように自分磨きに時間をかけましょう。

運命の人と出会うための手段でしかないLINEは、あなたが思っているよりも適当な感じで大丈夫ですよ。

 

私が外見に気を使った結果得られた3つのメリット
...

コメント

タイトルとURLをコピーしました