【経験者が語る】TECH-BASE(テックベース)の内容や感想をまとめてみた【プログラミングインターン】

新卒SE

皆さんこんにちは。きだです。

今回は「【経験者が語る】TECH-BASE(テックベース)の内容や感想をまとめてみた【プログラミングインターン】」というテーマで記事を書いていきたいと思います。

この記事をご覧になられている方は

 

プログラミングの経験はないけれどIT業界に興味がある。プログラミングを経験してみたい。

 

大学3年生。プログラミングに興味がある。でもスクールに通うお金はない、、、、

 

など、

 

✔IT業界やSEという職種、プログラミングに興味がある大学生/就活生

✔プログラミングはほとんど未経験

✔プログラミングスクールに通うお金はないけれど無料スクールで頑張りたい

 

という「プログラミングに興味がある」という行動力がある方なのではないかなと思います。

私も、2年前は大学3年生でしたがそのような思いを抱いていました。

私自身、TECH-BASE2020年度13期の卒業生で2か月間のインターンを経験しました。

 

実は私もこのツイートの中にいるんです(笑)

私自身、TECH-BASEで2か月間、プログラミングを経験することができて本当に良かったなと考えています!

私の実体験を踏まえて、TECH-BASEでのプログラミングインターンのメリットやデメリット、インターンの内容をまとめていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

この記事の内容

・インターンの内容
・身に付くスキルや参加特典
・参加してみた感想
・メリットとデメリット

 

この記事の信頼性

大学3年生の時にTECH-BASE 2020年13期生として参加。TECH-BASEでの2か月間のプログラミングインターンを終了したのち、参加特典である就活サポートまで受講しています。

 

「TECH-BASE (テックベース)」とは

いきなり「TECH-BASE (テックベース)」という名前を出してしまいましたが、TECH-BASE (テックベース)についてご存知ない方もいらっしゃるかもしれないので簡単にTECH-BASE (テックベース)について説明をします。

 

TECH-BASEとは

シンクトワイス株式会社 が運営する「就活学生のためのオンライン無料プログラミング・インターン」です。

 

これからプログラミングを勉強したい学生・IT業界への就職を考えている学生向けの完全無料のインターンなんです。すでに約8000名の卒業生がおり、 昨年度は1190人が参加していることから信頼性の面では問題なさそうですね。

IT業界の需要が高まってきているなか、無料でプログラミングが学べるなんてありがたいインターンですよね。

TECH-BASE(テックベース) の内容

インターンの流れ

TECH-BASE(テックベース) のインターンの流れはこんな感じです。

 

①ガイダンスに参加

プログラミングインターンに参加するためには、まずTECH-BASEが定期的に行っているガイダンスに参加することが必須になっています。

このガイダンスでは

 

・IT業界やSEという職種に関する知識

・TECH-BASEのプログラミングインターンについての詳細な説明

 

を手に入れることができます。

私自身、このガイダンスに参加しました。タイミングが悪かったのか、まさかのガイダンス参加者は僕1人だけで

 

きだ
きだ

え、大丈夫?(笑)

と思ってしまいましたが、ちゃんとインターンにはたくさんの大学生が参加しているのでご安心を!

 

なお、TECH-BASEでのプログラミングインターンでは自分自身のPCを使用することが前提になっています。在宅で課題に取り組むこともあり、自前のPCを用意することは必須です。

 

PCについては、私はマイクロソフト Surface Laptop 3 (サーフェス)を強くお勧めします。

ストレスなく動いてくれることが最大の理由です。TECH-BASEでのプログラミングインターンの際にも使用しましたが、ストレスを感じたことはありませんでした。

PC自体は、これから先も役に立つ機会が多いので持っていて損はないはず!IT業界やプログラミングに興味があり、かつまだPCを持っていない人は「自分への投資」だと思って購入してみては?

サーフェスは学生だと価格を割引してくれる制度もあります。購入するなら学生のうちに購入してしまうことをお勧めします。)


②2か月間のインターン

ガイダンスに参加すると、約2か月間のインターンに参加する権利を獲得することができます。

TECH-BASEのインターンはオンラインでのインターンになります。つまり、毎回毎回赤坂に行く必要はありません。在宅型インターンです。

(在宅型インターンなので基本は自宅で作業を進められます。2か月間の間に、スタートアップ研修・フォローアップ研修・修了式の3回のイベントに出席する必要があります。)

インターンの記念すべきスタート地点になるスタートアップ研修は

 

・チームメンバーと顔合わせ
・グループワーク
・IT業界やプログラミングに関する座学
・環境構築(SQLサーバーを自分のPCで使えるようにするため)

 

という内容でした。

僕のチームメンバーは男性4人、女性2人の6人チーム。チームでのインターンに対する取り組みが”ポイント”という形で評価され、そのポイントを4チームで競います。

(TECH-BASEの参加者は28人、男女比は2:1でした)

はじめましての挨拶をした後、グループワークを通して少しずつ仲良くなっていきました!

 

スタートアップ研修が終わってからは、各自ミッションに沿って課題を進めていきます。

インターンで使用する言語はPHPです。

文字を出力させる処理や条件分岐、ループ処理なんかをミッションという課題を乗り越えることを通して身に着けていきます。

JavaでもVBAでも、どの言語にも通用する考え方、知識を身につけてることができます。

 

スタートアップ研修から1か月後に行われるフォローアップ研修では、赤坂で再びチームメンバーと顔合わせ。

そのころには、すっかりみんな仲良くなっています。研修後、ご飯にも行きました!

フォローアップ研修では、改めてチームメンバーと「インターンをやっている目的や目標」なんかを確かめ合います。

 

フォローアップ研修を過ぎれば、インターンも折り返し。最後は自作のサイト作成に挑戦します!(私は残念ながら、このミッションを完了させることができませんでした、、、、)

 

2か月間のインターンが終了すれば、修了式になります!

 

きだ
きだ

修了式だから何もしないでしょ!

 

と思いきや、最後の課題があります(笑)

最終的には、ここでチームの総合得点が集計されて優勝チームが決定します。

ここまでが、2か月間のインターンの流れになります。

 

③就活サポート特典

2か月間のインターンを終えた人には、就活サポート特典があります!

 

・専属のメンターがついて就活の相談やESの添削などに応じてくれる

・年内に内定できる企業や来年の春までに内定を出してくれる企業をたくさん紹介してくれる

 

というメリットがあります。

メンターの方は本当に親切で模擬面接をしてそのフィードバックをしてくださったり、自分が適切に言語化できないことを言語化して助けてくださったりと本当にありがたかったです。

また、紹介してくださった企業の選考に落ちてしまった時も「どこが改善ポイントなのか」という点まで教えてくださるのでその点が非常に良かったですね。

就活って「自分のどこがダメで落ちたのか」が分からずモヤモヤ&イライラすることって本当に多いんですよね(笑)

自分の面接やグループワークでの改善点が明確になる点が個人的にはとても好きでした。

 

TECH-BASE(テックベース)のプログラミングインターンに参加した感想

良かった点

プログラミングの経験を無料でできたこと

高額なプログラミングスクールに通わずとも、無料でかつ、高い品質のインターンを受講することができました。

ミッション自体は、難易度は徐々に上がっていき私立文系プログラミング未経験の自分にとっては少々苦しいところもありました。

それでも、エンジニアに必要な

 

・論理的思考力

・ググる力

・質問力

 

を身に着けることができた点は良かったなと感じています。

 

質問に回答してくれるエンジニアが見てくれていたこと

どんなに時間をかけても、どんなに調べても、残念ながら打開策が見いだせないときがあります。

そんな時は、現役のエンジニアに直接質問をすることができます。しかも質問し放題!

下手な質問をすると狙った回答を得ることができないため、必然的に「質問力」が高まります。

 

かけがえのない仲間ができたこと

チームメンバーと仲良くなれたことが本当に良かったです。

自分たちのチームは仲が良く、プログラミングの勉強会を開いたりご飯にいったりカラオケをしたりもしました。

 

やらざるを得ない仕組みがちゃんとあったこと

プログラミングインターンといえど、プログラミングだけをやっていればいいというわけにはいかないのがTECH-BASEのインターン。

在宅でのインターンということもあり、人間なので時には

 

きだ
きだ

面倒だし今日はさぼりたいな~

と思ってしまうことがありますが、そうならないための仕組がTECH-BASEのインターンには存在します。

例えば、チームメンバー全員に「役割」というものが与えられます。

 

リーダー役、ノウハウまとめ役、議事録役、リマインダー役 etc

 

などなど。エンジニアに必要な「チームで仕事を進める」という経験ができます。

 

チームメンバーは、毎日簡単に「今日は何のミッションを何時間取り組んだか」を報告する「日報」を書き共有します。

 

各チームで”ポイント”数を競うためある意味自分の行動は全体に響きます。

 

全員の進捗状況は可視化されます。

 

こんな感じで、在宅と言えど”サボれない”仕組みがあります。

 

悪かった点

赤坂が遠い、、、、

自分は埼玉県民なので、研修時に赤坂に行くのはちょっと大変でした。

 

時間はかなり取られる

プログラミングはエラーの解消→1歩進む→エラーの解消 → ….

分からないことはググります。トライします。うまくいかなければ原因を探します。

 

TECH-BASEのインターンでは(というかSEという世界では)これを繰り返していくことは避けられません。そして、エラーの解消は多くの場合、一筋縄では行きません。

そんなことをやっていると、あっという間に時間は無くなります。

プログラミング初心者の自分は、正直「きついな」と感じたことがありました。最終的には、2か月で80時間くらいをこのインターンに費やしましたね。

 

きつい人にはきついと思います。それでも、このインターンを乗り越えれば”成功体験”と”自信”を得ることができ、かつ”プログラミングとは?SEとは?”というものを知ることができると思います。

やって損は、絶対にないです。

 

TECH-BASEをやるべき人

文理問わず、IT業界やSEという職種に興味がある人におすすめします。

就職活動の際に

 

プログラミングしたことないけれどプログラミングを頑張りたい

 

と言っているAさんと

 

プログラミングを経験したうえでもっと技術力を高めていきたい

 

と言っているBさん。どちらの発言に説得力があり、かつ面接官はAさんBさんのどちらを取りたいかは明らかですよね。

私自身、私立文系プログラミング未経験の人間でしたが現在はIT企業に就職しSEをしています。

私立文系プログラミング未経験の人間が新卒でSEになった話その①
...

 

働いていて感じることは

 

きだ
きだ

TECH-BASEでのインターンって、SEの働き方そのまんまじゃん!

 

ということです。

 

チームでの活動

タスクの納期を逆算したうえでの行動

報連相

ググる力、質問力

 

この辺りはTECH-BASEのインターンでも十分経験できます。

 

自分が本当にIT業界に向いているのか、SEになりたいのか

 

を考えることもできるのではないでしょうか。

 

まとめ

今回は【プログラミングインターン「TECH-BASE」】について解説しました。

 

✔プログラミングを経験できる

✔初心者でも問題ない

✔IT業界、SEという職種について知ることができる

✔かけがえのない仲間ができる

✔TECH-BASEの人が全力でサポートしてくれる

 

上記5つの理由から私はTECH-BASEのインターンを強くお勧めします。一人でYouTubeとか見ながらプログラミングをするよりも絶対いいです。挫折しないし逃げられないので(笑)

 

さあ、あとは行動するかしないか。TECH-BASEのインターンをやり抜いた僕が断言します。

 

IT業界、プログラミングに興味があるなら絶対に経験するべき

 

▶TECH-BASEのインターンへのお申込みはこちらから
https://bit.ly/2KPKMvo

*もし、この記事をみて応募してくださった方は申し込みフォームの「紹介者」の部分に

と記入をしていただけると非常に励みになります、、、、!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました