家賃の振込手数料を無料にする具体的な方法【楽天銀行ならできます】

お金・節約・効率化

 

毎月賃貸の家賃を支払っているけれど、そのたびに数百円振込手数料を取られている。この振込手数料、何とかならないかな~

 

こうした疑問を解決します。

 

本記事の内容

 

・家賃の振込手数料を無料にする方法【楽天銀行ならできます】

・無駄なお金を1円も支払わずに楽天銀行に入金する方法

・【vs住信SBIネット銀行】楽天銀行を活用する3つのメリット・理由

・まとめ:楽天銀行を利用して、余計な出費を0にしよう

 

本記事の信頼性

 

きだ
きだ

日々、節約を極めている僕が家賃の振込手数料を無料にするために調べたこと、実践したことをまとめています。

振込手数料含め、銀行に手数料はかれこれ1年以上支払っていません。

 

家賃の振込手数料を無料にする方法【楽天銀行ならできます】

 

 

地味にダメージ!家賃振り込みの時の振込手数料

 

家賃の振り込みが三菱UFJ銀行、三井住友信託銀行などの銀行口座で指定されていた場合、「同一銀行宛」など条件を満たせないと「振込手数料」が発生します。

 

大家さんが負担してくれることもありますが、自分たちで月に数百円の振込手数料を毎月負担する場合は地味にダメージです。

例えば、三井住友銀行の口座を持っており、月に6万円の家賃を口座に振り込むとなると、最低でも440円かかります。

年間5,280円かかりますね。

 

引用:三井住友銀行_振込手数料

引用:三井住友銀行_振込手数料

 

楽天銀行なら振込手数料を無料にできる!

 

 

もし、年間5,000円発生する家賃の振込手数料を0円にできたとしたら何ができますか?

 

5,000円あれば、おいしいランチが5回食べられます。

 

払わずに済むのなら払いたくない。

そんな、振込手数料を無料にする方法が楽天銀行を利用することです。

 

やり方は簡単。

 

①楽天銀行口座を開設する

②口座には常に10万円以上お金を入れておく

 

この2つをすることで、毎月の家賃にかかる振込手数料を無料にすることができるんです。

 

引用:楽天銀行_ハッピープログラム

引用:楽天銀行_ハッピープログラム

 

実際に、他行へ振り込みを楽天銀行からしていますが、振込手数料が発生していないことを確認できています。

 

 

無駄なお金を1円も支払わずに楽天銀行に入金する方法

 

 

家賃の振込手数料を無料にするために楽天銀行の口座を開設したいなと思う反面、毎月10万円以上口座にお金を入れるのは手間じゃない?

それで手数料を取られたら元も子もないし、給料を楽天銀行振り込みにできないし、、、、

 

確かに、給料の振込口座が会社で指定されている場合だと「別口座に入っているお金を楽天銀行へ移す」という手間が発生することは事実です。

やり方を間違えると、その過程で「振込手数料」というお金を徴収される羽目になります。

 

ではどうするか。

 

無駄なお金を1円も支払わない、1番確実な入金のやり方は

 

①振込手数料がかからない時間帯に家賃分(初回は追加で10万円)を最寄りの給料などが振り込まれる口座からお金を引き落とす。

②大金を持って、最寄りのローソン、セブンイレブンのATMへ向かい楽天銀行のキャッシュカードを投入。入金する。

 

になります。

 

楽天銀行の口座に入金をする際、1度に3万円以上の入金をすると振込手数料が発生しません。

 

大金を持って移動することに抵抗はあるかもしれません。手間もかかります。

ここは好みの問題になりますが、僕はそうしたデメリットを加味してでも、振込手数料を無料にしたいので毎月の給料が振り込まれる三菱UFJ銀行の口座のお金を楽天銀行の口座へ移しています。

 

【vs住信SBIネット銀行】楽天銀行を活用する3つのメリット・理由

 

他行へ振込手数料がかからないネット銀行だと「住信SBIネット銀行」の「スマプロランク」を利用するのもありだと思っている。

それでも楽天銀行を利用するメリットは何だろう?

 

この疑問について、楽天銀行歴1年の僕が答えます。

 

確かに、楽天銀行と同様、住信SBIネット銀行などのように、条件を満たせば他行宛の振込手数料が無料になるネット銀行が存在することも事実です。

 

引用:住金SBIネット銀行_スマプロランク

引用:住金SBIネット銀行_スマプロランク

 

それでも僕は、楽天銀行を押したい。理由は以下3つ。

 

無条件で楽天ポイントがもらえる

 

 

毎月ささやかながらではありますが、楽天ポイントが手に入ります。

 

きだ
きだ

現在僕は、プレミアムステージ。毎月無条件に8楽天ポイントを手に入れられます。

 

塵も積もれば山となる。実質年間で100円を無料で手に入れられる状態になっています。

 

条件を満たすことでSPUの対象になる

 

 

楽天カードを発行する

②楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行に設定する

 

この2つを設定してあげることで、楽天市場での買い物で獲得できる楽天ポイントが + 1倍 になります。

楽天カード + 楽天銀行を利用してあげることで、例えば1万円の買い物をしたときにもらえるポイントが100円分多くなります。

 

きだ
きだ

自分は炊き込みご飯で利用する鯖缶、ナッツのまとめ買いやふるさと納税なんかでガッツリ楽天市場を利用しています。

 

楽天ユーザーの方は、なおさら楽天銀行を活用するべきです。

 

なお、まだ楽天カードの発行が済んでいない方は、楽天銀行の口座のみを開設してもポイントアップの恩恵を受けることができません。早めに発行しておきましょう!

 

楽天カードを発行する

 

手数料関係のお金を0円にするなら、楽天銀行でも住信SBIネット銀行でも変わらない

 

 

確かに、住信SBIネット銀行は楽天銀行よりも何かと条件が緩いことは事実です。

 

住信SBIネット銀行を利用すれば、銀行口座の残高に関係なく、振込手数料が無料になる点は確かに魅力ですが、給料などが振り込まれる口座からネット銀行へお金を移す作業は住信SBIネット銀行でも発生します。

 

それだったら、楽天ポイントが手に入る楽天銀行を利用したほうがお得なのでは?というのが僕の意見です。

 

きだ
きだ

住信SBIネット銀行だと、楽天銀行のように「ポイントがもらえる」仕様はありませんからね。。。。

 

まとめ:楽天銀行を利用して、余計な出費を0にしよう

 

 

今回は「家賃の振込手数料を無料にする具体的な方法【楽天銀行ならできます】」というテーマで記事を書きました。

「現金をアナログ的な方法で移す」という手間は発生するものの、楽天銀行を利用することで家賃の振込手数料を無料にすることができます。

住信SBIネット銀行でも振込手数料を無料にすることはできますが、楽天銀行の方が利用することで得られる「お得感」は大きいです。

 

家賃の振込手数料を0円にしたい方はぜひ、今回紹介したやり方を参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

今回は以上です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました