【自分が変われば相手も変わる!】『心を動かす無敵の文章術』

読書

もう読み終わってしまったのか、、、

そんな名残惜しさをこの本は与えてくれました。

今回紹介する本は、千田琢哉さん著『心を動かす無敵の文章術』です!

僕のような、文章を書くことが苦手な人間にとって参考になる情報ばかりでした!

今回は、この本で紹介している40の項目の中から、自分の中で特に学び・気づきになったものを

10個紹介したいと思います。

 

 

 

01.書くのを難しくしている犯人は、あなた。

今、自分が知らないことは書けない。
今、自分の力量を超えた文章は書けない。

文章を書くことに気負わず、コンパクトな短文を目指そう。文章は短くてもいいと割り切ろう。すべてはそこから始まる。

05.小学生レベルの「語彙力」を使いこなす。

“語彙”を増やすことで、文章を書くことがますます楽しくなる。

“語彙”と聞くと面倒臭いと露骨に嫌な顔をする人もいるだろうが、筆者は義務教育レベルの語彙力を身につけるだけでも雲泥の差が出るという。

TPOにもよるが、「たまたま」「偶然」「ラッキー」という表現を使うより、「牛に引かれて善光寺参り」を文章に溶け込ませた方が、グンと知性を感じさせるはずだし、出会いも人生も変わるだろう。

中学受験用の語彙問題集をマスターするだけで、文章力は飛躍的に上がる。

09.「結論」から書かない文章は時間泥棒

「起承転結」は学校で習った文章を書く順番であるが、社会人になってからは”書く順番”も”話す順番”も、例外なく正解は、「結論→理由→具体例」となる。最初に結論から書かない文章は、時間泥棒とみなされて永久追放だ。

ビジネス現場においては、脊髄反射レベルで”結論ファースト”を習慣化するべし。

10.ボリュームに逃げてはいけない。

ボリュームがある文章は自己保身に過ぎない。シンプルであればあるほど、時間を奪われなくなるのでそれだけで感謝される。

12.じっくり時間をかけて書いた企画は通らない。

じっくり時間をかけて書いた企画は普段何も考えていない人が考えるからつまらない。サッと書き終わる企画は普段じっくり考えている人の企画だから面白い。

一流の企画立案者になれるかどうかは、企画書を作成している時間以外が勝負の分かれ目。企画をじっくり考えても、質疑応答やプレゼンがうまくいかずに仕事が受注できなければ意味がない。じっくり考えることは、普段からするべきことなのである。

13.「もっと具体的に」とは、”数値”と”固有名詞”を示すことである。

文章は抽象的ではなく具体的にすることで説明力や交渉力が一気に上がる。

「もっと具体的に」と言われたら、それに数値と固有名詞を入れて説明をすればよい。抽象的なものを具体化する訓練は大切だ。

「結論→理由→具体例」と最後に具体的に伝えることにより、「話が分かりやすい」「分かりやすい文章だ」と評価されるようになることは間違いない。

18.長期的に支持され続けるブログの共通点は、”教養”が感じられること。

読者の増えないブログの共通点は”教養が感じられない”。

無名な凡人の退屈な人生を日記で綴っても誰も興味を示さないのは明らかだし、素人がお手軽にスマホで撮影をした写真は見るに堪えない。

文章がつまらない上にダサい写真が増えてきたブログには、誰も近づきたいとは思わないだろう。

では、どうすれば教養がにじみ出るのか。以下2つのいずれか、もしくは両方の条件を満たしていることなのではないだろうか。

①基礎学力があること
②読書家であること

25.「売りたい」「儲けたい」が滲み出たらご臨終

「売りたい」「儲けたい」は書き手のモチベーションとして悪くないが、これが読み手に伝わってしまってはすべてが水泡に帰する。

素人が書いたブログやメルマガは、「売りたい」「儲けたい」、または「認めてもらいたい」というエネルギーがガンガン伝わってくる。

それに対して、文章のプロはそういったニュアンスが伝わらない。

「売りたい」「儲けたい」というエネルギーは執筆のエネルギーとして消耗されるべきものであり、他人に伝えるものではない。そしてそれを、行動に落とし込み習慣化できた人がプロなのである。

29.「その人をどんな習慣にさせたいか」より、「その人の人生をどう変えたいか」を決める。

企画書は担当者に向けてではなく決定権者に向けて書くもの。「誰に向けて書く文章なのか」を考えれば、「何を書くのか」が自然と決まってくる。

「誰に書くか」より「その人をどう動かしたいか」を決めれば相手の心を打つ文章になり説得力が増す。

「その人をどう動かしたいか」より、「その人をどんな習慣にさせたいか」を決めればその気迫は必ず文章に現れる。

「その人をどんな習慣にさせたいか」より、「その人の人生をどう変えたいか」を決めれば自分の考え方や行動、習慣が変わってくる。

31.八方美人の文章は、誰が読んでもつまらない。

「これも正しい。あれも正しい。みんなそれぞれ正しい。」という文章は、わざわざ書く必要はあるだろうか?

当たり障りのないことだけではなく、勇気を持って相手の魂を揺さぶる文章を書かなければならない。

少なくとも読み手の魂を揺さぶろうという愛と勇気がなければ、プロとして文章を書く資格はない。八方美人に逃げるのではなく、愛と勇気で自分を貫いてみる。そうすることで、ぶれない魂を揺さぶる文章が書けるのではないだろうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログをしている自分にとって、参考になることばかりでした。

自分がどれだけ文章を書くことに対して本気になれるのか、どれだけ読者のことを考えて文章を書けるかが肝になるはず。

引き続き、“教養ある人間”を目指して駆け抜けていきたいと思います!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました