全力で恋をして、惨めに散った残念な男その①

恋愛

皆さんこんにちは。きだです。

今回は僕が全力で恋をして、僕なりに一生懸命頑張ったけれど、残念ながら恋が成就することなく惨めに散った』という話その①をしていきたいと思います。

 

出会い系アプリで一人の異性と出会い、幸せだったにもかかわらず、その幸せが2週間で終わるという切ないシンデレラストーリーです。

恋愛を頑張っている人、恋愛がうまくいかず落ち込んでいる人、単純に恋バナが好きな人、、、

 

こうした人たちに楽しく読んでもらえたら嬉しいです。

 

一人の素敵な女性と出会った

なんだかんだ、最後に彼女と別れて早1年。

そろそろ本気で彼女が欲しいと思いpairsをやっていた時のこと。

マッチした一人の女性に本気で恋をしました。

その女性は25歳のSEとして働いている人で、僕と同じ埼玉県に住んでいます。

僕のほうから「メッセージ付きいいね」をしてやり取りがスタート。

彼女は返信が比較的早い子で、テンポよくメッセージのやり取りをしていました。

メッセージのやりとりのテンポが良すぎたこともあり、マッチした日の翌日にビデオ通話。

ビデオ通話をした衝撃は今でも覚えています。

・(大変失礼だけれど)プロフィール画像の数倍可愛い。
・とにかく話していて楽しい。恋愛に対する価値観も近いし、この人ともっと仲良くなりたいと思う。

 

ビデオ通話をきっかけに、僕の中でその子が

「アプリでやり取りをしている中の一人の女性」→「気になる女性」

 

に昇格しました。

実際に話してみることで、その子と自分が合うかどうかはだいたい判断ができますが、今回の子は僕の中では間違いなく

きだ
きだ

価値観やフィーリングが合う。また会いたい。

 

と思えた人でした。

 

LINE・電話、会う前にたくさん話した

彼女とは、たくさん話しました。

リアルで会うまで、毎日LINEをすることはもちろん、ビデオ通話と普通の電話も気づけば合計で3回しました。

単純接触効果もあり、僕はその子に夢中になっていきます。

特に、「これは脈ありでは!?」と感じた一場面がありました。

それは、電話が終わった後、毎回僕から連絡をしなくても、彼女のほうから連絡をしてきてくれること。

きだ
きだ

僕とのメッセージのやり取りが面倒であるならば、彼女はから連絡をしてくるはずがありません。

 

・とにかくたくさん、電話やLINEをしている
・彼女から積極的に連絡をしてきてくれている

 

こうした事実があったからこそ、少なくとも『彼女の中で自分は優先順位が高い』と判断しましたし、そんな彼女のことがますます好きになっていきました。

マッチングアプリで出会う異性との脈あり脈無しについて
...

 

基本的に、僕は自分に対して興味や関心を持ってくれている人のことが好きなので、、、、(笑)

 

実際に会いました

初めてビデオ通話をしてから2週間後、リアルで会ってご飯をしました。

ビデオ通話で話していたこともあり

きだ
きだ

どんな人なんだろう、、、

という思いよりは

きだ
きだ

やっと会える、、、

という思いのほうが強かったです。

噂の #ビデオデート をやってみた【結論:効率めっちゃいい】
...

 

実際に会った彼女はビデオ通話のまま。かわいらしく、そして話も非常に盛り上がりました。

普段のLINEの延長線上の話から

・他にもアプリでやり取りをしている人がいるのか
・前に付き合っていた人はどんな人だったのか

 

などといった、ちょっと突っ込んだ話もしましたね。

楽しくお話ができたおかげで、3時間はあっという間に過ぎ去りました。

次は2週間後に会う約束まですることができ、非常に嬉しかったことを今でも覚えています。

「この人、運命の人かも、、、、」

 

心の底からそう思いました。この後、あっけなくこの運命の人とさようならすることを知らずに。

 

順調だと思った矢先。あっけなく終わった。

1回目会った後も、彼女とはずっとLINEをしていました。

出会い系アプリっていうのは、1回会った後にお互い「ないな」ってなってそのままフェードアウトしてしまうことが多いのですが、今回は事前にビデオ通話をしていたこともあり、2回目の約束をすることは容易ではありませんでした。

ペアーズは、実際に出会ってからが勝負である3つの理由
...

 

1回目会った後も、たくさん彼女とはLINEをしていました。

次に会うのは、1回目の食事から2週間後の土曜日。

その時に僕は「彼女に気持ちを伝える」ことを決心します。ほかの男にその子がとられるのが、あまりにも惜しかったので。

 

また、僕の持論として、だらだらこのままやり取りを続けていても意味なしと考えていました。

きだ
きだ

こんなに素敵でビビッと来た人とはもう出会えないかもしれない

気持ちを伝えようと決意します。

【善は急げ!】出会い系アプリではなるべく早く女の子とあったほうが良い理由
...

 

しかし、2回目の食事が1週間後に迫った日曜日。突然彼女から連絡が来なくなりました。

 

彼女は僕の運命の人ではありませんでした

 

今まで、3時間に1回くらい返信をくれていた彼女から突然返信が来なくなります。

少し、嫌な予感はしていました。

彼女の生存を確認するために、SNSでストーリーを上げてみたところ、彼女からの『既読』はしっかりついています。

これで、僕は”意図的に”LINEを無視されているということを確信しました。

 

未読無視をされて48時間経過後、思い切ってLINEで追撃をしました。

それに対して、ついに返信が来ました。その内容がこちらです。

 

絶望しました。今までの出来事は、シンデレラストーリーだったのか、、、、

完全に終わりました。

きだ
きだ

このメッセージが来たとき、僕は在宅勤務中でした。業務どころではなく、激しく動揺したことを今でも覚えています。

 

彼女のことが好きでした。せめてそれだけでも伝えようと思い、メッセージを送ります。

 

文面では明るく振舞っていた私でしたが、心の中はズタボロでした。

正直、めちゃくちゃしんどかったです。

その日は何もする気が起こらず、ただ漠然と自分の実力のなさに落胆していました。

 

まとめ:つらいけれど、切り替えるしかない。

好きな人が幸せになるほど嬉しいことはない。

ただ、その好きな人と一緒に自分も幸せになることができないことがつらいし悲しい。

好きな人の幸せに、自分が必要とされなかった事実がしんどい。

 

めちゃくちゃへこみました。ただもう、この運命は覆すことはできません。

僕は再び、運命の人と出会うべくPairsを再開します。

再開してしばらくすると、再び素敵な人と出会えましたが果たして、、、、!

全力で恋をして、惨めに散った残念な男その②
...

コメント

タイトルとURLをコピーしました