相手の○○に妥協してリア充になった男の末路

恋愛

好きでもない人に告白された。顔はタイプじゃないけれどいい人だし、付き合おうか迷っている。

誰でもいいから女の子と付き合いたい!

 

こうした悩みに答えます。

今回は『恋愛に妥協は必要か』という話をしていきます。

 

恋愛において『妥協』が必要なことはあるかもしれません。

 

きだ
きだ

「理想の嫁」「理想の白馬の王子様」を求めて彼氏彼女ができない人には「そりゃあできねえな」という言葉を捧げます。

 

しかし「妥協」って、いったいなんなんでしょうか。

恋愛における「妥協」とはいったい何なのでしょうか。そして仮に妥協することになったとしても、妥協をしてはいけないものは何なのでしょうか。

 

僕自身の妥協してリア充になった経験を交えながら、恋愛における「妥協」について深掘りしていきます。

 

この記事の信頼性

 

恋愛における「妥協」とはいったい何なのか

そもそも恋愛における「妥協」とはいったい何なのでしょうか。

例えば

 

・身長175cm以上は欲しかったけれど171cmで妥協する

・もう少し顔が刺さる人が良かったけれど妥協する

・年収は600万円以上欲しかったけれど500万円で妥協する

・年齢は30歳未満の人が良かったけれど32歳で妥協する

・素敵な人だけれど金銭感覚がちょっと合わない。相手との金銭感覚は妥協する。

 

といった具合です。

 

恋愛における「妥協」:「内面」に妥協するな!

恋愛における妥協は2種類ある

恋愛における妥協は2種類です。それは外見の妥協と性格の妥協です。

 

顔は好みではないが一緒にいて落ち着く!

性格はクソだけれどかわいいから許す!

極端な表現をすればそんな感じです。

 

顔は妥協してもいい。でも、相手の内面に妥協してはダメ

 

自分の理想を全て叶えてくれる異性と出会えることは究極の理想です。

ただ、現実問題としてどこかで折り合いをつける必要があることが出てくるかもしれません。

そうなったときのポイントはいったい何なのでしょうか。

その答えはこちらです。

 

 

この記事で言う「内面」とは、相手の「性格」や人生観、金銭感覚といった「価値観」、相手の「雰囲気」や会話をしているときの「心地よさ」などのことを指します。

これらに妥協をすると、恋愛をしていてもしんどくなります。

 

妥協してもよいもの:顔やお金などといった「スペック」

 

 

そもそもスペックとは一体何なのでしょうか。

具体的には相手の「容姿」や「お金」、「身長」などです。

もちろん、自分の理想を満たしてくれるスペックを持つ人と出会い、恋人関係になることが一番ではありますが、スペックに依存しすぎた恋心は危険です。

「金の切れ目が縁の切れ目」みたいな関係になる可能性が高まるからです。

 

きだ
きだ

お金目的で付き合った。しかし突然彼はお金を失った。あなたはどうしますか?

 

もちろん、ある程度のスペックは欲しいところではあります。しかしそれ以上に大事にするべきものが相手の「内面」です。

 

妥協してはいけないもの:相手の内面

 

 

相手の内面を無視して相手と付き合うとしんどくなります。

 

・金銭感覚の違い

・恋愛に対する価値観の違い

・人生観や仕事観に対する違い

 

などなど。

もちろん、相手の価値観と自分の価値観が完全一致することはありませんが、共感できる部分が少ないと長期的な関係を築くことが大変になります。

 

きだ
きだ

価値観が合わないと、相手と一緒にいることがストレスになりますからね。。。。

 

また、一緒にデートをしてみて会話が盛り上がらなかったり、共感できる部分が少なかったりしたら、それは「本当にこの人と付き合うべきか」を考え直すサインかもしれません。

 

きだ
きだ

「この人と一緒にいて楽しい!もっと一緒にいたい!」という感情は、恋愛において大事です。

 

1回目のデートは楽しかったが2回目のデートで相手に冷めてしまう現象について
...

 

相手と付き合おうか迷った時に確認したいこと

 

✔相手と一緒にいて楽しいか

✔価値観が近いか、相手と共感できることは多いか

✔一緒にいてストレスを感じることは少ないか

✔相手の容姿が自分の最低ラインを超えているか

 

チェックするべきポイントの例として紹介します。

一緒にデートをしてみて「この人とはまた時間とお金をかけてでも会いたいな!」と思えたのであるならば、その人はあなたにとって相性がいい人です。

 

相手の内面に妥協してリア充になった大学2年生の時の話

 

相手に対する思いが強くないにもかかわらず、その人と付き合ったときの僕の経験談を書いていきます。

 

焦っていた学生時代

 

大学2年生の頃、僕は焦っていました。

なぜなら「大学生になって絶対に彼女を作る!」と言っておきながら一向に彼女ができる気配がなかったからです。

 

きだ
きだ

当時の僕はことごとく恋愛がうまくいっていなかったのです。

 

弱肉強食の恋愛の世界で彼女を作る方法【大学生の恋愛は残酷だ】
...

 

藁をもすがる思いでマッチングアプリを開始したのもこのころでした。

そして、マッチングアプリを開始して3か月、悲願の彼女を作りました。

 

「彼女が欲しい」という目的達成のためにリア充になった

 

ところが、その彼女との関係は私が思い描いていたような関係ではありませんでした。

彼女とは、1回目のデートで会話が全然盛り上がらなかったにもかかわらず2回目のデートで付き合い始めることに。

その子のことが好きなのかどうかも分からず、まさに「リア充になる」という目的を達成するために付き合っていたといっても過言ではありませんでした。

 

きだ
きだ

一緒にいて、話が盛り上がるわけでもなく、シンプルに一緒にいてそこまで楽しくなかったんです(笑)

 

彼女のことがどうでもよくなった

 

 

付き合いたての頃は、様々な場所にお出かけしたりしてリア充っぽいことをして楽しく過ごせました。

しかし、もともとの気持ちが低かったこともあり徐々に限界が来ます。

付き合い始めてから3か月ほどが経過すると

 

✔彼女に会いたいと思わない

✔一緒に何かしたいとも思わない

✔連絡が来なくてもなんとも思わない

 

こんな感じでだんだん彼女と会うことが「義務」のように感じるようになってきてしまいました。

結局、付き合い始めてから半年ほどで関係は自然消滅しました。

 

きだ
きだ

関係が自然消滅しても、僕は特に何も思いませんでした。彼女に対する未練もありませんでした。

 

「違和感」を感じる人は、きっとあなたの運命の人ではない

この時の彼女とは、一番初めのご飯で

 

「会話があまり盛り上がらず一緒にいてもあまり楽しくない」

 

という状態であったにもかかわらず、僕の「彼女を作る」という目標達成のために交際を始めてしまったことがダメな点でした。

 

この人は違うかも、、、

 

という「違和感」を無視し、交際を開始すると相手を大事にする気持ちが芽生えなくなり、関係が継続しないことを実感した経験でした。

 

そうはいってもスペックで妥協したくないあなたへ

実体験を踏まえながら「スペックは妥協しても相手の内面は妥協するな!」という話をしてきました。

内面に妥協をした経験から、これは断言できます。しかし中には

 

スペックも大事!容姿が整っている人じゃないと恋愛対象に見れない!

 

という意見もあるでしょう。

そう思われた方がするべきことはただ一つ。

自分が理想の相手と釣り合う容姿のレベルになる努力をすることです。

 

「フィッシュアンドタイガー理論」のタイガーを落としに行く努力も必須です。


 

何が言いたいのかというと、スペックに妥協したくないならそれ相当の相手と付き合えるレベルに自分がならないといけないということです。

 

きだ
きだ

理想の異性と出会うための努力は恋活をする上で絶対に必要です。

ただやっぱり、追うばかりの恋愛になると精神的に参ってしまうのでお勧めはしませんね、、、

 

【追う恋愛 vs 追われる恋愛】恋愛弱者に追う恋愛をお勧めしない理由
...

 

まとめ:スペックは妥協しても相手の内面には妥協するな!

 

 

今回は「相手の○○に妥協してリア充になった男の末路」というテーマで記事を書きました。

 

✔「スペック」に妥協しても、「内面」で妥協はするな

✔相手と話して感じた「違和感」を無視しない

✔妥協してまで恋愛をするべきではない

 

妥協してリア充になった経験、マッチングアプリで200人以上の異性と出会った経験から断言します。

いくら恋人が欲しくても、妥協してまで付き合うとお互い不幸です。

モテるための努力をしつつ、運命の人と出会うために日々行動する。

これが凡人ができる唯一の方法です。

今回は以上です。

 

私が外見に気を使った結果得られた3つのメリット
...
【両方に課金した私が語る】Pairsとwith、初心者が課金するならどっち?
...

コメント

タイトルとURLをコピーしました