FP2級に独学で1発合格した勉強法【学習時間やテキストも紹介します】

資格勉強

 

FP2級の取得を目指して独学で勉強中です!目安の学習時間、おすすめのテキストや勉強方法について知りたい!

 

こうした疑問を解決します。

 

本記事の内容

 

・FP2級とは?

・FP2級を受験する前に:FP3級を取得しよう!

・FP2級に合格するための方法

・学習時間について

・FP2級を独学で勉強して困ったこと

・まとめ:暗記さえすれば独学で突破できる

 

本記事の信頼性

 

 

きだ
きだ

大学4年生の時にFP2級に1発合格しました。ちなみに大学では政治を専攻しており、金融系のことについては学んでおりません。完全独学です。

 

FP2級とは?

ファイナンシャル・プランニング技能検定(FP)は、学科試験と実技試験で行われます。

学科試験は60点満点で36点以上(6割以上)の得点、実技試験は50点満点で30点以上(6割以上)の得点で合格となります。

試験範囲は年金の話から株の話、不動産の話等多岐にわたっており、覚えることは結構あります。

 

引用:ファイナンシャル・プランニング技能検定 試験科目及びその範囲

 

FP2級を受験する前に:FP3級を取得しよう!

引用:FP技能検定受検資格と申請方法

 

FP2級を受験するためには、受験資格を満たす必要があります。「実務経験などない人はいきなりFP2級を受験する」ことはできないので注意です。

 

きだ
きだ

僕もFP2級を受験する半年前に、FP3級を受験しています。FP3級に合格していれば、FP2級の受験資格を満たすことができるからです。

「実務経験がないけれどFP2級を受験する」ことを考えている人は、まずFP3級に合格することをお勧めします。

 

FP2級に合格するための方法

FP2級に独学で合格するために、私がどのような勉強をしてきたのかについて紹介していきます。

ずばり、「インプット」→「アウトプット」の繰り返しです。

 

インプット

FP2級のテキストを購入し、時間を見つけて知識をインプットしていきます。

具体的には

 

・電車などでの移動時間

・夜寝る前

・トイレの時間

 

などです。マーカーなども活用しながら、テキストをインプットしていきます。

独学でFP2級の合格を目指すので、解説がわかりやすいテキストを選びました。

 

きだ
きだ

自分は「みんなが欲しかった! FPの教科書 2級・AFP」というテキストを利用しました!イラストや説明が丁寧で、ちょっとややこしい株の利回りの計算や不動産の賃貸契約なんかも独学で学べました。


アウトプット

移動時間や隙間時間を中心に知識をインプットし、家にいてまとまった時間が取れるときは積極的にアウトプットして知識を定着させていきましょう。

アウトプットなしで知識の定着は不可能です。1インプットにつき10アウトプットするくらいがちょうどいいです。

 

きだ
きだ

あるあるなのが、テキストを読んで「わかった気になる」。でも実際、大して覚えられていない。アウトプットしてみることで初めて、自分の理解度を測ることができます。

 

問題を繰り返し解き、アウトプットの時間を確保するようにしました。

家で学習時間が取れるときは、ひたすら問題を解いていましたね。

 

きだ
きだ

自分は「みんなが欲しかった! FPの問題集 2級・AFP」のテキストを利用しました!学科試験、実技試験ともに問題数が豊富で、アウトプットに利用するには最適でしたね。


どうしても覚えられないことはノートにまとめて重点的に確認!

なかなか覚えられないことはノートにまとめて繰り返し確認していました。 *ノートに書いてある内容はFPではありません。

インプットとアウトプットを繰り返しても、なかなか覚えることができなかったり、何度も間違えてしまう問題に遭遇することがあります。

 

きだ
きだ

自分の場合だと、例えば「債権の利回りの問題」や「公的年金の併給の問題」辺りの問題は毎度苦戦していましたので、こうした項目はノートにまとめて繰り返し確認しました。

 

こうした問題は、ノートにまとめて、繰り返し確認するようにしましたね。

間違えた問題をノートに書いてまとめ、隙間時間に繰り返し確認する学習方法は、苦手な問題を効率よく攻略するうえで有効です。

 

きだ
きだ

解けない問題を放置するのは止めましょう。そういった問題は、試験で意外と出てくるものです。試験に出た時は、確実に得点できるよう他の分野よりも時間をかけて学習!

 

【時間がないけど資格が欲しい】私が実践するメモ書き勉強法
...

 

学習時間について

試験日の2ヶ月前から、1日2~4時間程度していました。

「1日中家にこもって勉強」という感じではなく、「出かける前の1時間」「寝る前30分」など、コツコツやっていた感じです。

1か月60時間程度学習していたかなと思います。

 

FP2級を独学で勉強して困ったこと

テキストを読んでも内容が理解できないときです。

特に学習を開始した頃は、テキストに書いてある内容がさっぱりわからず、読んでも頭に内容が入ってこない状態でした。

それでも、不思議なことに何回かテキストを読んだり、わからない語句をインターネットで検索し知識を補強していくことを繰り返す中で、不思議とだんだん自分の中で理解ができるようになってきましたね。

 

きだ
きだ

「テキストを読んでインプット」→「理解が甘い個所はインターネットを活用」ということを繰り返すことで、少しずつ理解できることを増やしていきました。あきらめずにこれを継続すると、わからないことがいつの間にかわかるようになっています。不思議です。

 

諦めずに、コツコツと学習を継続していきましょう!

 

まとめ:独学でFP2級は突破できる

 

・解説がわかりやすいテキストを購入する

・学習時間をしっかり確保

・アウトプット中心の学習

 

この3原則を実践したことで、独学でFP2級に合格することができました。

FP2級は、独学でも十分に合格を狙うことは可能です。ぶっちゃけ、暗記勝負です。

 

知っているか知らないかで、人生に大きな差が出てしまうお金のはなし。FP2級を勉強することで、普段何気なく徴収されている社会保険料のことなど、様々な知識を得ることができます。

勉強する価値がある資格です。少しでも興味がある方は、本記事の学習方法を参考に挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました