【TOEIC700点を目指している人必見!】1か月で595点→710点まで上げた私の勉強法

資格勉強

皆さんこんにちは。きだです。

今回は、TOEICの点数を1か月で595点→710点まで上げた私の勉強法について書いていきたいと思います。

 

TOEICで自己最高得点をたたき出したい!
とりあえずTOEICで600点を獲得したい!
学校には通わず、独学でTOEICの勉強を頑張りたい!

 

そのように考えている方の参考になれば幸いです。

1か月本気で勉強してTOEICの点数を100点以上上げました!

引用:「上場企業における英語活用実態調査」報告書

 

TOEICといえば、自身の英語の実力を図ることができるのはもちろん、就職活動の際にも高い得点を保持していることで大きな武器になります。

そんなTOEICについて、「最低でも○○点は持っておきたい、、、、!」と考えて受験される方もいらっしゃるかと思います。

自分も、自分自身の英語のスキルを客観的に証明してくれるTOEICでよい点数を取得し、履歴書に書きたいと考え受験することにしました。

目標点数は600点を超え、あわよくば700点台に到達することです。

就職活動・転職活動の際に評価されたり、有利になるスコアは600点からだといわれています。そのため700点あれば、履歴書やES、面接でも評価される点数なので魅力的です。

引用:「上場企業における英語活用実態調査」報告書

 

しかし、大学生である私は受験生のように朝から晩まで英語の勉強をしているわけには行きません。

大学にもいかなきゃだし、バイトもしなきゃだし、遊びたいし、、、(笑)

しかし、1か月の勉強で点数を100点以上上げることができました。独学でです!TOEICの点数が700点台にのり、大きな自信を持つことができました!

今回は、1か月でTOEICの点数を115点あげた私の勉強法と、時間の使い方についてお話ができたらと思います!

自分と同じように、大学生で履歴書に書ける最低限の点数を得ておきたいけれど忙しい、、、という方の参考になれば幸いです。

そもそもなぜ1か月しか勉強していないのか

自分はTOEICを2019年7月末に受験をしましたが、6月はドイツ語検定(独検2級)があり、その勉強(ドイツ語)に時間を割く必要がありました。そのため、英語の勉強を優先的に行う時間がなかったのです。

独検2級(ドイツ語検定2級)に合格をした勉強法【3度目でやっと合格!】
...

ドイツ語検定を終えてからTOEICの勉強を始めた自分には、テストまで残された時間は1か月しかありませんでした。

1か月でどれくらい勉強した?

1か月で85時間くらい勉強していました!

自分は写真のように勉強記録を付けているのですが、これによると1か月で85時間程度勉強をしていました。「85」という数字が大きいのか小さいのかは不明ですが、この勉強量で115点点数を上げることができました。

1か月どんな勉強をした?

同じテキストを3回繰り返し解きました。

数多くの問題に手を出すのではなく、繰り返し繰り返し、同じ問題を解くことで正答率を上げていくことで自信をつけていきました。

私が主にTOEICの学習で用いた参考書は、以下3冊です。

TOEIC L&Rテスト レベル別問題集 730点突破 (東進ブックス レベル別問題集)

この問題集は、20日間でTOEICのリスニングパートとリーディングパートの両方をまんべんなく学習することができます。

掲載されている問題量も多く、「たくさん演習量をこなしたい!」と考えていた自分にとってはうってつけの問題集でした。

 

1駅1題 新TOEIC TEST文法特急

TOEICのリーディング試験part5の得点は、こいつをやりこんだことで上がったといっても過言ではありません。

この問題集に掲載されているテクニックは、試験でも非常に役に立ちました。

文法問題の学習を効率よく進めたい方におすすめです。

サラリーマン特急 新形式リスニング (TOEIC L&R TEST)

リスニングの点数を伸ばしたかったのでリスニングの学習に特化したテキストを購入しやりこみました。

問題集を何回か解いた後は、出てきた文を繰り返し音読、シャドーイングしていました。

700点を突破するための自分の戦略

リスニング+文法

で可能な限り点数をもぎ取ることを目指して勉強していました。

理由は、リスニングと文法は短期間でも点数を伸ばしやすい分野であるから。

ボキャブラリーなんかの勉強には、そこまで注力してやりませんでしたね。

 

時間の使い方

家では45分区切りでタイマーをセットし、集中して問題集に取り組みました。1日平均2時間程度勉強していたかな~。

家でまとまった時間学修をすることに加えて、間違えた問題はノートにまとめて電車の中で確認していました!

つまり机じゃないとできない学習(問題集を解くなど)と電車の中やお風呂場などどこでもできる学習(暗記や音読など)でメリハリをつけて学習をしていました!

自分は、都内に行くのに片道1時間かかります。電車に乗っている時間がどうしても長くなってしまうので、電車の時間は有効活用していました。

【時間がないけど資格が欲しい】私が実践するメモ書き勉強法
...

まとめ

こうして、自分は1か月という短期集中学修を経て、TOEICの点数を100点以上の点数を上げ、履歴書に書いても問題ない点数を獲得することができました!

しかも、独学で700点を超えることができたのでコストパフォーマンスも非常に良かったです。

600点すら獲得することができず少し落ち込んだあの日の雪辱を晴らすことができて最高です(笑)

自分と同じように、履歴書に書ける点数を効率よく獲得したいと考えている人の参考になれば幸いです!

ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました