ドイツ留学体験「一人でドイツに留学してみた結果」(学生寮編)

ドイツ留学

皆さんこんにちは。きだです。

今回は、一人で1か月、ドイツの語学学校に留学した際にお世話になった学生寮について紹介していきたいと思います。

・ドイツの語学学校の学生寮ってどうなの?
・清潔感は?
・一緒にする人はどんな人?

などなど、そのような疑問を抱かれている方の参考になれば幸いです。

私が利用した学生寮の概要

私が1か月お世話になった学生寮は、語学学校と一緒に申し込みを行った学生寮になります。

特別何か、寮に対してこだわりなどがあったというわけなどではなくレーゲンスブルクにある語学学校「Language School Active Regensburg」に申し込みをする際にセットで申し込みをしました。

基本2人で、シェアハウスをしながら1か月間を過ごしました。

【レーゲンスブルク短期留学】Language School Active Regensburgで1か月勉強した感想
...

場所は語学学校からバスで北に20分程度の場所にあります。

学生寮の紹介

寮の外見はこんな感じ。

部屋にたどり着くまでに2回鍵を開ける必要がありになっていてセキュリティ対策は万全。

この扉の向こうに、1か月間お世話になった場所があります。プライベートな部屋が3つ、共用の洗面所+トイレ+シャワー、そしてキッチンがあり、最大3人が住むことができます。

プライベートな部屋はこんな感じ。文句なしでした。広いし清潔感もあります。

こちらはキッチン。こちらも清潔感しかなく最高でした。一緒に住んでいたイスラエル人がきれい好きで、キッチンをきれいにしてくれていたのが大きかったですね。

一緒に住んだ人について

僕が宿泊した部屋は、最大3人まで一緒に住むことができる部屋でしたが、3人で住むということはなく、1か月間2人で過ごしました。

一緒に住んだのは、きれい好きなイスラエル人。

医学の勉強をしていて、ドイツ語も堪能です。

部屋は別々ですが、キッチンなど共同スペースでは一緒になることがしばしば。彼と一緒にドイツ語で会話をすることで、ドイツ語運用能力を高めることもできました。

学生寮の料金

こちらが私が実際に支払った料金です。

Housing fee for 4 weeks – Studentenwohnheim (außerhalb des Campus) – Doppelzimmer – Ohne Verpflegung (Shared Apartment – 2-person shared room – No meals)

と書いてあるのが寮の部分で、日本円にして99,562円です。

1か月約10万円と非常に高額ではありますが、この金額は相場を考えると妥当かなと感じています。

語学学校の授業に申し込みをするのとは別に、ドミトリーホテルなどを1か月間予約するといったこともできなくはないですが、レーゲンスブルクに関して言うと宿泊場所の質が落ちるだけではなく料金も上がります。

booking.comで見てみると、どこのドミトリーでも基本的に10万円以上のところが大半でした。

6万円台で1か月宿泊できるドミトリーもありましたが、そこで1か月過ごすなら素直に10万円だしたほうがいいです。(なぜなら、その6万円台にドミトリーに僕は宿泊したことがあり、清潔感などがいまいちだったと感じているから(笑))

1か月の宿泊場所は、語学学校とセットで申し込みをすることをお勧めします。

学生寮の設備

・Wi-Fiあり
・お皿などの食器や調理器具あり。電子レンジやオーブンあり。
・洗濯機あり

基本的に、設備に関して困るようなことはありませんでしたね。

寮が快適すぎて、本当にありがたかったです、、、

まとめ

僕が宿泊できた学生寮は、ある意味例外的な存在だったかもしれません。

清潔感があるとともに、一緒に住む人に恵まれていたので。

結果的に問題なく寮での1か月を過ごすことができましたが、ドイツ及びレーゲンスブルクの学生寮の情報があまりなかったことは留学前不安でしたね。

だからこそ、少しでも、この記事を通してドイツの学生寮のことを知っていただけたら幸いです!

ではでは!さようなら~!

 

ドイツ留学体験「一人でドイツ留学に挑戦しました」(渡独編)
...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました