なぜ新卒でSEになったのか【僕の就職活動 / 今の会社に就職した理由】

JOB CHANGE

 

自分の人生を振り返る意味で、「なぜ新卒でSEになったのか」「今の会社に就職した理由」を書いていきたいと思います。

 

だや
だや

自分の新卒の就職活動を振り返っていきます。就職活動をされている方、どんな会社に就職したいか悩まれている方の参考になれば嬉しいです。

 

就職したい企業がなかった学生時代

大学3年生のときのこと。

就職活動に対するモチベーションがありませんでした。

 

だや
だや

やりたいことが分からないがゆえに行きたい業界や企業がない。志望動機が書けない。そんな状態でした。

 

だからこそ、「あの業界・企業に行きたい!就職したい!」と言っている友人たちがシンプルにうらやましかったです。

 

漠然とIT業界の就職を目指す

そんな僕でしたが、漠然と「就職するならIT業界かな」と考えていました。

IT企業に就職することで、プログラミングを学び、自分のスキルを高めていくことで市場価値が高い人材になれると考えたからです。

 

【卒業生が語る】TECH-BASE(テックベース)の内容や感想をまとめてみた【プログラミングインターン】
...

 

その中でも自分は、SEになりたいと考えていました。

 

・PC一台で仕事ができる ⇒ 時間と場所を選ばないリモートワークができるのでは!?

・仕事を通してプログラミングスキルを身につけることができる ⇒ 将来的な独立もできるか!?

・IT業界は成長産業 ⇒ 日々仕事を通して、新しい技術を身につけることができるのでは!?(=成長できるのでは!?)

 

そんなことを考えていましたね。

 

実際に就職してみて分かったことですが、リモートワークができるかどうかは自分が「どの」案件に携わっているかに依存します。また、SEとして仕事をしているだけでは、残念ながら仕事を取れるほどのプログラミングスキルを身に着けることは困難です。

 

だや
だや

就職活動のとき、自分がいかに業界研究ができていなかったかを思い知りました。別にSEじゃなくても、この2つは実現できますしね、、、、

 

ただ、今振り返れば、自分の就活の軸は

 

・ワークライフバランス

・市場価値を上げられる環境に身を置くこと(年収が高い環境)

 

だったのかもしれません。

 

金融系SEの現実について語ります【業務内容は?入社後に感じたギャップは?】
...

 

IT企業に複数一括エントリー⇒今の会社に就職

 

エントリーシートを書くことが億劫だったため、「エントリーシート不要」の企業ばかりに応募しました。

加えて、就職活動の企業説明会も面倒で、極力避けたかったため10社程度のIT企業しかエントリーしませんでしたね。

 

だや
だや

いかに自分が、就職活動に対するモチベーションが低かったことやら、、、、

 

就職活動に楽しさを見出すことができず、最低限の就活で終わらせようとしていました。

最終的には、3社から内定をもらい、福利厚生を比較して優れていた今の会社に就職することにしました。

 

だや
だや

特に行きたい企業がなかったため、「よっぽど待遇がひどい企業ではなければOK!」と考えてしまっていたところはありますね、、、、

 

こんな感じで、僕は新卒の時に一生懸命就職活動をしませんでした。

その結果、「働き方」と「給料」の部分で理想との「ギャップ」を感じていますね。

 

新卒SEの給与明細書とボーナス、昇給金額を公開します
...

 

まとめ:僕の新卒の就職活動はひどすぎでした

今回は「なぜ新卒でSEになったのか【僕の就職活動 / 今の会社に就職した理由】」というテーマで記事を書きました。

 

SEになりたかった理由は

 

・リモートワークなど、自由な働き方ができそう

・仕事を通して、スキルアップできそう

 

だと考えたからでした。

しかし、上記を満たすことができるかどうかは、自分がどの「案件」に携わるかに依存します。

 

だや
だや

十分な企業研究や業界研究、自己分析をせず、とりあえず目についた企業の採用試験を受けていましたね。

 

これが僕の新卒の就職活動です。

今の仕事は人間関係や業務内容に大きな不満はなく、概ね満足ではありますが、「給料」と「働き方」の部分で隔たりを感じていることは事実です。

「転職」が頭を過ります。

 

今回は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました